Archive for the ‘未分類’ Category

使用上の注意点

近年、女性の社会参加が進み会社などで働く女性が増えています。かつての日本社会では、女性は結婚をしたら家庭に入り、家事を主に担い、家庭を守るという役割が中心でした。こうした女性の役割も、男女共同参画社会の実現が叫ばれビジネスパーソンとして働くという役割の変化があらわれています。女性が社会の中で働くようになっても、女性として美しくありたいという意識には変化はなく、女性自身も、男性からも女性の美しさの追求は強いニーズがあります。現代社会は、ストレス社会といわれており社会で働くことによる人間関係複雑さや競争にさらされる日々は、女性の美容にとっては大敵ということができます。こうした状況下で女性の乾燥肌や美白などを保つ美容薬やサプリメントは数多くのものが販売され、多くの働く女性たちに愛用されていますが、使用に当たっては注意したいことも何点かあります。女性のビジネスパーソンは、男性社員と同様に車の運転して営業活動をする人もいますが、美容薬の中には、眠気を伴うものもあります。また、会社の人たちと飲酒する機会も多くありますが、飲酒直後の服用は思わぬ副作用を伴うものもあります。また、妊娠中の服用には注意が必要です。

他オイルとのブレンドの相性

 

サイプレスの精油は樹木系の香りを持ちながら少しスパイシーな匂いも含みヒノキの香りとよく似ていて、イライラしていて怒りが収まらない時や集中力がなくなったときに嗅ぐと、気分を安定させ穏やかな気持ちに導きます。
その他に体内の余分な水分や老廃物を排出する作用があり、むくみやセルライを予防してくれて、さらに消臭効果もありフィットバスタイム時にラベンダーとブレンドして使用するとデオドラント効果に加え、気分を安定させてくれる効果も期待出来ます。
アロマバスで使用したい場合はクラリセージをブレンドし、もう一つ加えたいときは柑橘系のオレンジ・スウィートなどを加えると相性が好いです。
そしてサイプレスととても相性が良いジェニパーベリーという精油がありヒノキに似た香りや深い森林のような匂いがし、フィットバスやアロマバスでキャリアオイルとしてのトリートメントとしてもよく使われる精油で、この香りを嗅ぐと高揚した気分を落ち着かせたりくたびれた心を癒すのにとても役に立ちます。
ジェニパーベリーは妊娠促進があるといわれていましたが、近年その危険性はないと言われています。
ただし妊娠中はどのような香りであっても強すぎる香りは嗅がずに、芳香程度の軽い使用に留めてください。

 

効果的な使用方法

私達の髪が生えてくる毛穴からは皮脂が分泌されるため、一日の間にかなりの量の皮脂汚れが溜まります。またそれ以外にも皮膚の剥がれがフケとして蓄積したり皮脂が毛穴に詰まると深いな臭いや髪の発育を阻害する原因となるのでしっかりと洗い流すことが大切です。頭髪および頭皮を洗浄するために欠かせないアイテムがシャンプーであり、市販の商品からサロン用の高級商品まで幅広くラインナップされています。力任せにゴシゴシと洗ってしまうと爪で頭皮を傷つけてしまう恐れがあり、毛穴に詰まった皮脂がしっかりと取れないだけでなく余計に頭皮を傷つけてフケを増やしてしまう恐れがあるのでオススメ出来ません。あらかじめ泡立てておいてマッサージをするような感覚でやさしく頭皮を揉みこみながら時間をかけて洗うことが効果的な使用方法です。また年配の女性にとって不安の種である更年期障害に効果のあるシャンプーもラインナップされており、更年期障害の原因であるホルモンバランスの乱れであり、それが原因で抜け毛が増えてしまうのが厄介ですが、専用のシャンプーを使用すると洗浄しすぎによる皮脂分泌量の増加を防止して乾燥によるフケの発生を防ぐよう保湿効果が高いので是非オススメです。

妊娠中の注意点とは

妊娠中のお母さんの体はとてもデリケートです。また妊娠のために体力や免疫力がふだんの時よりも落ちるので、できれば刺激の少ない、何時も安心で平穏な生活を送ることを心がける事がとても大切です。
そして調子の悪い時は、家でゆったりとリラックス出来る環境を家族で作り上げるのも重要です。また出産準備や分娩の際に、アロマテラピーやアロママッサージを行おうとするお母さんもいることでしょう。
その際に使用するアロマ製品も、出来るだけ刺激の少ないものを選ぶことに細心の注意を払いましょう。またアロマオイルやハーブの中には、通経作用を促進する成分を含むものがあります。これ等の成分は女性の月経を誘発する作用を持つものなので、妊娠中のお母さんの体には向いていません。これらのアロマ製品を使用することにより、妊娠しているお母さんの母体に影響を及ぼしかねません。もしあなたや周りの人でアロマセラピーを行おうとする人がいるのであれば、通経作用のないものを選ぶ事を再確認しておきましょう。また、マッサージ店等でアロマセラピーを行なう際にも、セラピストに妊娠中であることをきちんと伝え、一番適切なアロマオイルやハーブの種類を選択してもらうことが大切です。

女性ホルモン、エストロゲンに似た成分

 

スクラレオールは、精油クラリセージに含まれている成分になり、女性ホルモンのエストロゲンに似た分子構造をしているという特徴があります。クラリセージは標高が高いところで生息しているピンクや紫・白色など花をさかせる植物になります。女性ホルモンのエストロゲンは、脳の指令によって分泌されているものになり、脳の視床下部のところから命令がでて下垂体を刺激してホルモンが分泌されます。ホルモンに卵巣が反応すると卵胞が成熟する過程でエストロゲンが分泌されて、排卵に導いていきます。女性ホルモンは皮膚の水分量を増やして弾力がある肌に肌を保つ働きなどをする効果もあります。精油クラリセージに含まれている成分のスクラレオールは、ホルモンバランスを調整して、PMSや月経不順などの症状を和らげる働きがあり女性特有の病気に有効な成分になります。スクラレオールは、鎮静作用もあり不安やストレスなどを抱えていて精神混乱に陥ったときなど心を穏やかに保ってリラックスさせる働きがあります。マタニティーブルーや更年期障害からくるイライラなどを鎮める効果があります。精油クラリセージは、頭痛や肩こり・筋肉痛などの痛みの緩和をする働きもあります。

 

お肌への影響

ソファーとテーブルアロマオイルは、香りによって効果が異なります。
クラリセージの香りには、ほのかな甘みと暖かさがブレンドされています。
この香りには、「心を平穏にする」「緊張をほぐす」という二つの働きがあります。
ですから、何かしらのプレッシャーを感じている時などに使うと、心の安らぎを得ることができますし、悲観的になっている時も、前向きな感情を取り戻すことができます。
また、クラリセージの香りは、精神面だけでなく、お肌にも良い影響を与えてくれます。
皮脂バランスを整えるという働きがあるので、皮脂が過剰に分泌されて脂っぽくなってしまっている場合などに、効果が期待できます。
さらにもう一つ、毛髪促進効果もあります。
つまり、薄毛対策として使うことも可能なのです。
薄毛対策として使う場合は、無香料シャンプーに混ぜるという使い方をします。
こうすれば、気軽に使えますし、毎日使うことができます。
また、お風呂に垂らせば入浴剤代わりにもなります。
クラリセージのエッセンシャルオイルには、「血行促進」と「体を温める」という効果があるため、冬場など手足が冷えがちな季節は、特に入浴剤として使うのがおすすめです。
寝る前の入浴剤として使えば、リラックスして寝ることができます。

身体への影響

ソファーシソ科のハーブ、クラリセージには、スクラレオールという芳香成分が含まれています。このスクラレオールは、女性ホルモンであるエストロゲンと似ており、同じような作用をするので、女性にとって嬉しい効果が期待できるとされています。ホルモンバランスを整えて、月経に伴う不快な症状や、更年期障害の症状を緩和してくれるといいます。
また、鎮静・鎮痛作用により、肩こり・頭痛・筋肉痛を和らげる、あるいは血圧降下作用により、動悸や高血圧にも有用であること、などが知られています。
その他の芳香成分としては、酢酸リナリル、リナロールなどがあり、酢酸リナリルは精油の芳香成分全体の50~60%を占め、リナロールは約20%を占めています。これが、クラリセージの香りの甘さに寄与しているものと考えられます。この香りは甘くてナッツのような濃厚さ、あるいはスパイシーで温かみのある甘さ、などと表現されたりしますが、マスカットワインの香り付けに使用されることもあり、マスカット・セージという別名もあるのです。
このクラリセージ、ホルモンバランスに影響を与えるわけですから、妊娠中の使用は避けるよう指南されています。また、使用後に飲酒をすると気分が悪くなったりすることもあるので、注意が必要です。また、身体に与える作用と共に、精神を高揚させる作用もあるので、車の運転など集中力を要する作業の前に使用するのも控えた方がよいとされています。

精神面への影響

???? Vol.56 ??????????????エッセンシャルオイルは精神面でサポートをしてくれるような種類のものが豊富にあります。
例えばクラリセージですが、皮膚のひきしめによる美容効果や、免疫力を高める健康効果に加えて、気分を安定させるという働きを持っています。
気分は高揚させすぎても、鎮静させ過ぎてもいけません。
それぞれが安定的に成り立つことによって、精神的混乱を避ける事が出来るものなのです。
クラリセージは、まず落ち込んだ気分を高揚させて幸福感を脳に与えてくれます。
しかし、それだけではなくその幸福感を持つことによって、リラックスを促し、気分をゆったりとさせるという鎮静作用も同時に含んでいますから、とても安定的なエッセンシャルオイルと言えるでしょう。
心を安定させる事により、人の身体に最も有害なストレスも解消する事が出来ますから、身体のバランスを整えて結果的に健康体にも貢献するのです。
背の高いシソ科の二年草で、植物らしい香りを放っていますから、アロマテラピーとして香りだけを楽しむのも良いですし、オリーブオイルやスイートアーモンドオイルなどのキャリアオイルに混ぜて塗布し、素敵な香りを楽しみながらマッサージをするのも良いのではないでしょうか。

クラリセージの芳香成分

???? Vol.56 ??????????????

クラリセージのエッセンシャルオイル(精油)は、ほのかな甘みのある優しい香りが特徴ですが、これは芳香成分が混合されたもので、各芳香成分は様々な効能をもたらしてくれます。

まず、クラリセージの代表的な成分といえば、全体の約50〜60%を占める酢酸リナリルと約20%を占めるリナロールです。
こちらの成分は、脳神経などに作用して興奮した神経を落ち着かせ、安らかな気分してくれる鎮静作用があります。
最近は仕事や家庭のストレスやプレッシャーで神経が緊張状態に置かれることが多いですが、こうした状態が続くと心のバランスが崩れてうつ病などの精神疾患を罹患してしまう場合も少なくありません。
クラリセージのエッセンシャルオイルで適度に心を癒すことでこうした状態に陥るのを予防することもできます。

一方、クラリセージには、スクラレオールという成分も豊富に含まれています。
スクラレオールは、体内で女性ホルモンの一つであるエストロゲンのように作用し、ホルモンバランスを整えてくれる効能があります。
女性はホルモンバランスが崩れると、月経不順や月経痛、月経前症候群(PMS)といった症状に悩まされることも多いですが、スクラレオールの働きにより、これらの症状を緩和する効果が期待できるわけです。
特に、40代〜50代の女性が加齢によるエストロゲンの減少によって発症する更年期障害の症状緩和にも効果的なので、更年期障害にお悩みの方はクラリセージの精油をお風呂に数滴垂らしてゆったりと浸かるなど、リラックスできる時間を持つことがお勧めです。