女性ホルモン、エストロゲンに似た成分

 

スクラレオールは、精油クラリセージに含まれている成分になり、女性ホルモンのエストロゲンに似た分子構造をしているという特徴があります。クラリセージは標高が高いところで生息しているピンクや紫・白色など花をさかせる植物になります。女性ホルモンのエストロゲンは、脳の指令によって分泌されているものになり、脳の視床下部のところから命令がでて下垂体を刺激してホルモンが分泌されます。ホルモンに卵巣が反応すると卵胞が成熟する過程でエストロゲンが分泌されて、排卵に導いていきます。女性ホルモンは皮膚の水分量を増やして弾力がある肌に肌を保つ働きなどをする効果もあります。精油クラリセージに含まれている成分のスクラレオールは、ホルモンバランスを調整して、PMSや月経不順などの症状を和らげる働きがあり女性特有の病気に有効な成分になります。スクラレオールは、鎮静作用もあり不安やストレスなどを抱えていて精神混乱に陥ったときなど心を穏やかに保ってリラックスさせる働きがあります。マタニティーブルーや更年期障害からくるイライラなどを鎮める効果があります。精油クラリセージは、頭痛や肩こり・筋肉痛などの痛みの緩和をする働きもあります。

 

Comments are closed.